企業情報

ハンディキャップ雇用

障がいの有無を超え、ひとりの人として尊重し合い、ともに成長していく。
今後も「ハンディキャップ雇用」を推進してまいります。

photo01

当社の生産本部駒ヶ根工場では、2009年に障がい者の就労支援活動を始め、長野県「障がい者福祉施設の工賃アップ応援宣言!」制度の第一号認定をいただきました。現在では、駒ヶ根市の福祉施設「伊南桜木園」から障がい者の方5名、指導員1名、上伊那郡宮田村の社会福祉法人「親愛の里シンフォニー」から障がい者の方4名、指導員1名に駒ヶ根工場に通っていただいています。
当初は使用済みトナーカートリッジの開梱作業中心でしたが、今では部品清掃作業など多岐に渡る仕事をお願いしています。

また、近隣市町村の福祉施設へは業務委託をしており、現在は7ヶ所の施設で合計100名近くの方に、部品清掃などの作業をしていただいています。ありがたいことに私たちの取り組みを評価いただき、今では近隣市町村の施設側から業務委託要望のご連絡をいただけるまでになりました。

いまや生産本部駒ヶ根工場にとって、障がいのある方々の力は欠くことのできない戦力。まだまだ試行錯誤の最中ですが、今後も継続して取り組んでいくことで、障がいの有無に関係なく誰もが活き活きと働ける就業環境を目指します。