SDGsへの取組み | リサイクルトナーのリーディングカンパニー ケイティケイ株式会社

企業情報

SDGsへの取組み

Sustainable Development Goals

ケイティケイSDGs宣言

ケイティケイSDGs宣言

ケイティケイは、事業活動と経営戦略の中心にSDGsの理念を据えて、
持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

2020年9月4日

SDGsとは

2015年9月の国連サミットで150を超える加盟国首脳の参加のもと、全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。
先進国・途上国すべての国を対象に、経済・社会・環境の3つの側面のバランスがとれた社会を目指す世界共通の目標として、17のゴールとその課題ごとに設定された169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない」世界の実現を目指しています。

ケイティケイにおけるSDGs

SDGsの達成に向けた主な取り組みをご紹介いたします。

重点課題 主な取り組み SDGsとの対応
循環型社会の実現 ・Repack商品の拡販
・使用済純正トナー、リパックトナーカートリッジの回収
 
環境貢献 ・駒ケ根工場の太陽光発電及び売電
・製品製造における化学物質の管理
・トナーカートリッジ模倣品の排除
 
働き方改革 ・ワークライフバランスの充実
・人材育成
・PX資格の創設
ダイバーシティ ・多様性を生かした経営
・人材採用
・障がい者雇用
・女性の活躍促進
コンプライアンス ・コンプライアンスの徹底
・リスク管理体制の強化
・コーポレートガバナンスの高度化

SDGsとESG

ESGとは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の3つの言葉の頭文字を取ったものです。「E」はエネルギー使用量やCO2排出量の削減など環境面の配慮を意味し、「S」はダイバーシティやワーク・ライフ・バランスへの取り組みなどが含まれます。「G」はコーポレート・ガバナンスやコンプライアンス、リスク管理の取り組みなどです。
企業はESGを意識した経営を継続することで、企業の持続可能性が向上するとともに、企業価値も高まります。そして、将来的にSDGsの目標達成の実現にも貢献します。
つまり、ESGは企業活動の「プロセス」であり、SDGsは企業活動の「ゴール」です。

ケイティケイの取り組みと17の目標との関連

下表内の数字は、SDGsの169のターゲットからケイティケイの活動に関連するものを示したものです。(2020年9月時点) 表をクリックで拡大できます。